FC2ブログ
文鳥ズにキュン!

2021-07

紋……そして、彼女の後を追うように、仁も…… - 2021.02.11 Thu

こんばんは。
お立ち寄りいただき、ありがとうございます。








文鳥ズは、みんな近い時期に一斉にお迎えしたので、みんなシニアになってお別れが続いてしまい、悲しいご報告が多く、申し訳ございません……。









実は、11月下旬産まれである仁の7歳の誕生日としてお祝いしている11月30日の15:24頃に紋が、
今年の1月2日の8時過ぎに仁が、
虹の橋に旅立ってしまいました……。










紋

手術の後の経過も良かった紋。
ただ、亡くなる2日前から、極端に寝ている時間が増え、食事量も減りました。
シニアになってからは寝ていることも増えていたのですが、
それにしたって、急激に寝ている時間がグッと増えたので、お別れが近いのかもしれない……、という嫌な予感がしました。








親孝行娘

左目の水晶体が傷付いていて、日頃から涙目気味でしたが、
急激に寝ている時間が増えて、食事量が減った頃から、涙の量も増えました。
目の悪化のせいで食事が出来ないのだろうかと思い、翌日11/30に診察をしていただくことになりました。









本当に、頑張ってくれたね

でも……仁の7歳の誕生日でもある11月30日。
電話で看護師さんに、仁も付き添わせていただきたい旨をお伝えしてご快諾いただき、
紋と仁のふたりを連れて、小鳥のクリニックに向かいました。
そして、電車の中で、「気のせいかな? 」と思うくらいの、微かな咳のような音が聴こえました。
気のせいかなとも思いましたが、気になって、キャリーを入れたバッグを覗いてみると……
紋が吐血をして、動かなくなっていました……。










若い頃の写真を

外だったので、キャリーから出して確認するわけにもいかず、
小鳥のクリニックの最寄り駅に着いたところで、
「咳のような音が聴こえて覗いたら、紋が血を吐いて動かなくなっていて、どう見てももうダメそうなのですが、外なのでキャリーから出して確認出来ないので、一応連れて行ってもいいですか」
と、クリニックに電話をしました。









クリニックに到着したら、先生と看護師さん達が出迎えて下さり、
素早く、蘇生のための処置をして下さいました……。
残念ながら、紋は戻って来ませんでしたが、
蘇生のために手を尽くして下さった先生方、看護師さん達には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです……。











仁に付き添ってもらうかどうかは悩みましたが、
紋の手術前日に、心配で死にそうなくらい大きな発作を起こし、紋の手術入院にも、付き添い入院をした仁。
手術後の診察の時は紋だけ連れて行きましたが、その時はまるで今生の別れかのように、お互い必死に鳴き交わしていたので、最後は付き添ってもらいました。
キャリーバッグの中にふたりのキャリーを並べて、一緒に入ってもらっていたので、
紋は旅立つ瞬間も、彼氏の仁の傍にいることが出来ました。
仁はその時、意外と普通にしていましたが、やはりショックだったのではないかと思います……。
でも、彼女の最期の時に、付き添えずに家で留守番させるのも可哀相な気がするので、
仁にみとってもらえて良かったです……。









私が咳のような音に気付いてキャリーバッグを覗いた時には、すぐ覗いたのに、もう紋は動かなくなっていたので、
きっと、咳のような音が聴こえた時に吐血をしていて、そのまま亡くなってしまったと思います。
紋の最期の瞬間は、仁だけがみとってくれたので、仁には本当に感謝です。








手術の前にも、紋の目は少し悪化したのですが、
免疫力が下がって来たことで、他の場所にも影響が出て来ている、という考え方も出来るとの先生のお話でした。
目が痛いせいで食事量が減ったのだと思っていましたが、
最期の時が近付いて来ているからこそ、抵抗力も下がって、あちこち弱って来てしまった、ということだったのかもしれません……。







今まで本当にありがとう

紋の若い頃の写真を載せさせていただきます。
目が見えなくなってからは、急激に老け込んでしまった紋でしたが、若い頃は童顔美女でした。
シナモン文鳥で、しかも女の子でありながら10歳を超えてくれて……手術も乗り切ってくれて……。
本当に、親孝行な娘でした。






先生にお話を伺ったところ、
吐血した場合は、喉の炎症か、甲状腺破裂の可能性があるとのこと。
文鳥さんの場合は、甲状腺破裂の可能性が高いようです……。
術後の経過は良かったのですが、足の腫瘤とは全然関係ない症状で逝ってしまった紋……。
手術も頑張って乗り切ってくれましたが、
目が見えなくなってからは、もう何年もかなり老け込んだ状態で、いつお別れが来てもおかしくないと思っていました……。
そんな状態だったので、根性のある紋は頑張ってくれましたが、長年使った体は、とっくに限界を超えていたのかもしれません……。








紋、今まで、本当にありがとう。
紋が、シナモン文鳥で、女の子でありながら、目が見えなくて低体重ながらも頑張ってくれたのは、
彼氏の仁のためと、うちの子が亡くなる度に泣く私を悲しませないようにするためだったのかな、と思っています……。
本当に、本当に、ありがとう……。












仁

そして、紋の彼氏の仁。
元カノの苺姫と死別してからは、紋の存在が彼の心の支えでした。
紋の手術前日には、亡くなってもおかしくないレベルの発作を起こしたり、
紋の手術入院に付き添って入院したり、
紋の最期の診察にも付き添った仁……。






紋の彼氏でした

紋が亡くなってからは、
シルバー文鳥親子3羽と仁の4羽だけになってしまったのですが、
うちだけなのか、皆さんのおうちもそうなのか、同じカラーの子達と集まる傾向がある鳥さん。
きっと、自然界では狙われて捕食される側の弱い動物なので、
敵から見た時に、自分が目立たないために、自分と同じカラーの子達と集まろうとする本能があるのではないだろうか……と、私は勝手に思っています。
そのためか、1羽だけ違うカラーの仁は、寂しそうで……。









とてもきれいな子

シルバーイノ文鳥の仁が今まで好きになった子は、
初恋の雫ちゃん(シルバーイノ文鳥)、
初めての彼女の苺姫(シナモンパイド文鳥)、
最後の彼女の紋(シナモン文鳥)だったので、
仁が好きそうなカラーの子をお迎えしようかと、お店を探したりもしました。
お店に見に行って、目を付けていた子もいたのですが、残念ながら他の方にお迎えされてしまい、ご縁が無く……。
春になったら、仁と同じカラーの子をお迎えしようと思っていたものの……間に合いませんでした……。









亡くなる前日の仁

脚の力が弱って来て、紋が亡くなってからは、食べてばかりで太って来てしまった仁。
クリニックの年末年始のお休みが終わったら、一度診ていただこうかな、と思っていました。






ところが、元旦……。
朝のお世話の時に抱っこをすると、一定の間隔で、ギュッギュッ、という雑音が、仁から聴こえました。
一定の間隔だったので、日頃から他の文鳥達とは違うタイプの心配な発作を起こす仁だということもあり、
心臓の雑音か何かかと思いました。






でも、年末年始は、病院はやっていません……。
緊急病院が無いこともないですが、年末年始にやっていたのは、診療対象動物に鳥が書かれていない病院と、評判の悪い病院のみ……。






診療対象動物に、鳥と書かれていたとしても、実際には鳥のことを何もわかっていなくて、保定の時に失敗して後遺症が残る怪我をさせたり、間違った対応で死なせてしまったりする病院も多いので、診察対象動物に鳥と書かれてすらいない病院は、問題外です。
信頼出来るいつものクリニックのお休みが終わるまで、何とか持ちこたえてくれないだろうかと思いながら、仁の保温を強化しました。





ずっとずっと大好きだよ

しかし、翌日、1月2日の朝。
何とか朝を迎えてくれた仁でしたが、明らかに呼吸が苦しそうで、危険な状態でした。
手を洗って来るからね、と声を掛けて、鳥部屋に戻った時には、止まり木に仁の姿はなく……。
ケージの床に落ちて息絶えてしまった仁の姿がありました……。
まだあたたかい仁を抱っこし、号泣しました……。








仁、今まで本当にありがとう。
虹の橋では元気な体に戻って、苺姫や紋と再会して、仲良く楽しく過ごして欲しいです。










後日、先生に伺ったら、
脚の力が弱って来たり、食べ過ぎて太って来ていたことは特に関係なかったようで、
一定の間隔で続くギュッギュッという雑音……急にこの音が聴こえるようになった場合は、誤嚥の可能性があるとのことでした。







誤嚥とは、人間のご老人でもよくありますが、
加齢によって食べ物などを嚥下する機能が低下して、唾液や飲み物、食べ物、胃液などが誤って気管に入ってしまうことで、
これによって誤嚥性肺炎が引き起こされたりすると、命に関わります。
調べたら、眠っている間に少しずつ唾液を誤嚥してしまうこともあるようです。
最近だと、林家こん平さんが、誤嚥性肺炎で亡くなっていたりと、とても恐ろしい症状……。







苺姫も、ご飯の食べ過ぎで吐いた物を誤嚥してしまって亡くなってしまいましたが、
苺姫の時は、ギュッギュッという雑音は聴こえませんでした。







先生のお話では、誤嚥は防ぎようが無く、若くて元気な子でも起こることがあるそうです。
苺姫の時も、触っただけで亡くなってしまう危険があるので、お薬を飲ませて詰まった物が流れて、持ち直してくれるのを待つしかない、という状態でした。






防ぎようが無いけれど、若くて元気な子でも起こる可能性があり、なってしまうと、打てる手もあまり無い誤嚥。
本当に恐ろしく、何も出来ないこともつらく……今後は誤嚥して苦しむ子が出ないことを祈るばかりです……。







紋は12月3日の13時、
仁は1月8日の9時に、
市の斎場さんで火葬していただきました。
仁の火葬の時は、混んでいて1週間近く待っての火葬だったので、やはり年末年始に体調を崩して、信頼出来る病院がお休みでどうにも出来なかった飼い主さんが多かったのかな……と、胸が締め付けられました。






そして、今年は異常気象らしく、12月からずっと雪ばかり降っている仙台ですが、
仁の火葬の日も雪が降っており、斎場近くの川を渡った時に、鳥友さんのツイートで聴いたことがある声が聴こえてそちらを見たら、白鳥が2羽鳴きながら飛んでいました。
帰りにも、1羽の白鳥が鳴きながら飛んでいました。
仁を迎えに来てくれた紋と、仁だったのかな……無事に虹の橋に辿り着けたのかな……なんて思いながら見ていました。












紋にいただいたお花を紹介させていただきます。














紋へ、みーちゃんさんから

みーちゃんさんから









紋へ、Sawaさんから

Sawaさんから









紋へ、銀君のママさんから

銀君のママさんから










紋へ、オーコさんから

オーコさんから









そして、仁にいただいたお花も紹介させていただきます。









仁へ、オーコさんから

オーコさんから









仁へ、みーちゃんさんから

みーちゃんさんから









仁へ、銀君のママさんから

銀君のママさんから









紋と仁に、とても綺麗で可愛いお心のこもったお花を、本当にありがとうございます。
紋も仁も、素敵なお花をいただいて、大喜びしていると思います。









今は、銀、翼、燧のみになってしまった文鳥ズ。
寂しそうにしている銀のケージを翼と燧のケージと並べるため、
紋と仁のケージは、ラックの下の段に移させてはもらいましたが、紋と仁が生前に使っていた時のまま、ご飯とお水も毎日新しいものをあげています。

骨壺の前にもご飯とお水のお供えはしていますが、49日までは、紋と仁がケージでくつろぎたいかもしれないので、生前と同じようにしておきたいなと思っています。

紋はとっくに49日を過ぎてしまっていますが、仁とペアなので、彼氏の仁の49日までは、同じようにしておこうと思っています。







紋、仁、産まれて来てくれて、家族になってくれて、本当にありがとう。
これからも、ずっとずっと大好きだよ。









にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

banner.png

ありがとうございます。
スポンサーサイト



京の旅立ち - 2020.10.12 Mon

こんばんは。
お立ち寄りいただき、ありがとうございます。






久しぶりのブログ更新なのに、悲しいご報告で申し訳ございません。
ご報告が遅れてしまいましたが、京が今年の5月21日に虹の橋へ旅立ちました。









kyoh20032402.jpg

9歳7ヶ月でした……。








横浜にいた頃は3月頃に春の換羽が来ていた文鳥ズですが、仙台がやはり涼しいのか、今年の春の換羽は遅めでした。







kyoh20032401.jpg

シニアのため2ヶ月に1度通院している銀と京夫婦は、5月19日も診察を受けに行って来ました。






以降は、先生に状態を説明するために書き留めておいたメモです……。








5/19 (火) 12:00 銀ちゃんと京ちゃん
診察では異常無し。
帰宅したら、京ちゃんが右脚に力が入らず、左側に首を振って傾き続けていたので、お薬をいただくために再度病院へ。
神経症状が続くのは、脳梗塞や腫瘍が出来ている可能性があるらしい。
ギリギリの状態を保っていたところに、羽根の抜け変わりと、通院で発作が起きたのとで、いっぱいいっぱいになって、神経症状が出たのではないか、とのこと。
お薬は、ピンクの線入りが痙攣のお薬で、痙攣が起きた時に飲ませる……3~4時間間隔を開けて、1日3回まで。
グリーンの線のお薬は、ピンクのお薬から1~2時間は間隔を開けてから飲ませる。
ご飯を食べられないなら、ポカリスエットを倍くらいに薄めて飲ませる。
もう、食べられないならカステラでも何でもいい。
いつものお薬は、お休み。







5/20(水)休診日だけれど、電話していいと言って下さったので、留守電を入れたら、折り返し先生が架けて来て下さった。
いつも26g→当日22g
薄めたポカリスエットしか飲まない。時々、床にまいたペレットを少しつっつくけれど、弱り過ぎているのか食べられない。
痙攣は弱くなって来たような気がするけれど、足に力が入らなくて、ケージの底に目を瞑って座り込んだまま。
→ポカリスエットは倍に薄めて、1日5回。3~5滴ずつ。
ヒナ用のパウダーフードをあげてもいい。
メイバランスのコンポタ味がインコには人気。(京ちゃんは拒否💧)
ペットショップで、色々買って来て試した。







5/21 (木)14:00 過ぎ 京ちゃんは銀ちゃんの付き添いで通院の予定。
いつも26g→昨日22g→今朝6:30頃21g
夕べ寝かせる前は、ポカリスエットも飲んで、パウダーフードも少し舐めて、床にまいたご飯を自分で食べようとしたり、お水を飲んだりしていた。
夜中くらいから、動こうとするとグルグル回ってしまうようになって、動くとグルグルするからなのか、それで気持ち悪いのか、目を瞑って床にペタッとしたまま。
朝は、飲ませるのも食べさせるのも拒否で、ポカリスエットとメイバランスのヨーグルト味をなんとか1滴ずつ飲んだ程度。

11:10過ぎ、激しい発作が起こり、自分の意志とは関係ない動きをしてしまうようで、ケージの床で羽ばたいてグルグル回ったり、もんどり打ったり、あちこちぶつかっていて怪我をしそうなので抱っこをした後、そのまま手のひらで亡くなった。







kyoh20032402iphone.jpeg


診察時間が終わってしまった時間なのに、お薬をいただきに戻った私を待っていて下さったり、休診日にも関わらず相談に乗って下さったり……先生、病院の皆様には、本当に良くしていただきました。
感謝の気持ちでいっぱいです。








京、おかえり

5月23日(土)、市内のペット斎場で、個別火葬をしていただきました。






長年連れ添った妻が亡くなってしまい、銀が本当に心配で……。
銀がひとりっ子時代はパートナーだった私が、またパートナーのつもりで、銀を甘やかしています。
そして、自分と同じシルバー文鳥の所に行きたがる銀なので、息子の翼と燧とのコミュニケーションを毎日楽しんでもらっています。




kyoh20032407.jpg

2010年産まれ組の、銀、京、紋の中では、京が一番若々しくて、まだ滑り止めテープ無しで止まり木やブランコにも止まれる、一番長生きしそうに思えていた子だっただけに、10月の誕生日に10歳になってくれるものとばかり思っていました。
銀と京で、10歳同士の夫婦の図を見るのは憧れで……。
でも、脳梗塞か脳腫瘍とのこと、実は頭の中に爆弾を抱えていたのだと思うと、呑気なことを考えてしまっていたなと思いますし、京には本当に申し訳ないです……。









京に、素敵なお花とプレゼントをいただきました。










京へオーコさんから

オーコさん、清楚でとっても大きな豪華なお花をありがとうございます。








京へ、みーちゃんさんから

みーちゃんさん、京のイメージカラーであるピンクの可愛過ぎるお花をありがとうございます。






京へ、銀君のママさんから

銀君のママさん、koma komaさんに京のもふもふちゃんを作っていただき、ありがとうございます。
銀と京にそっくりなプラ板まで……大事にします。






今月10月は、紋の10歳の誕生日があります。



10月産まれとしかわからないので、もしかしたら、既に10歳になっている可能性もありますが、まだこれからかもしれないので、例年通り10月24日の文鳥の日を誕生日としてお祝いさせていただこうと思っています。
紋も、足に腫瘤があり、血管肉腫の可能性があるとのこと。
ただ、悪性ではなく、良性や炎症の可能性もあるそうで、診察していただく時の感じから、麻酔を使っての手術をすると、そのまま亡くなってしまう可能性が高いとのことで、腫瘤がぐじゅぐじゅしたり出血したりしない限りは、手術しない方向で考えています。
腫瘤がぐじゅぐじゅしたり出血した場合は、命懸けにはなりますが、手術するしかないので、その時は覚悟を決めます。





どうか、頑張ってくれている紋が無事に10歳になれますように……。
紋には重いかもしれませんが、我が家の紅一点になってしまった紋には、京の分も長生きして欲しいな……。













にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

banner.png

ありがとうございます。

苺姫、また会おうね - 2020.03.20 Fri

こんにちは。
お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

すっかりご無沙汰してしまいました。
その間に、悲しいご報告と嬉しいご報告と、ご報告が二つほどあり、今回は記事を二つに分けて投稿させて下さい。







悲しくてずっと書けずにいましたが、実は、苺が昨年の12/2に、6歳半の生涯を閉じました……。






苺姫


前記事で、苺の容態のことを少し書かせていただいたのですが、もう少し詳しく書かせていただきます。
悲しい記事が苦手な方は、スルーしていただけましたら……と思います。






昨年の11/30(土)の朝、お世話をした時は、苺姫はいつも通りでした。
しかし、新しいご飯をあげてからしばらくしたら、文鳥達の方から咳のようなくしゃみのような音が微かに聴こえました。





誰だろう……と、7羽の文鳥達の様子を注意深く見ていると、苺が時々咳のようなくしゃみのような動作をしていることがわかりました。





最初は、ご飯がつっかえたのかな……お水を飲みなよ、なんて言っていたのですが、しばらくしても咳のようなくしゃみのような物が治まらず、心無しかおしりの辺りが膨らんで見えたので、これはおかしいと思い、体重測定をしてみたら、いつも28~29gの体重が33gになっており、その頃ペットシーツに潜ったりしていたことから、卵詰まりではないかとおしりの近くをそっと触ってみたら、ぷよぷよしていました。
卵の殻が上手く出来ずに卵詰まりになったりしているのかと思い、慌てて病院に電話をし、咳のようなくしゃみのような動作をしていることと、体重が急に増えていること、おしりの近くがやけにぷよぷよしていることを伝えましたが、土曜日は混んでおり、一番早くて午後2時の診察でした。





病院で診ていただいたところ、
そのう液と便に、バイ菌やカビ、桿菌がいっぱいおり、加齢によるヨード不足でなる場合もあるが、ペレットを食べているので、胃腸炎の方かなとのことでした。
食欲はあるみたいなので、食べ過ぎて胃腸の動きが悪くなって吐いてしまい、それが詰まってバイ菌などが繁殖してしまっている可能性があるようでした。



人間でも誤嚥性肺炎で亡くなる場合がありますが、鳥さんも誤嚥で肺炎になってしまうと、死亡率が上がってしまうとのこと。
飲み込んだ物を流せるようにお薬をいただきました。




誤嚥しているので、お薬を飲ませることは勿論、少し触るだけでも、それが死に直結してしまうことがあるとのことで、直接飲ませる時も、抱っこしてくちばしの上からお薬を伝わらせて、トータルで一滴分飲ませる感じで……いつもより慎重にそっと触ってお薬を飲ませることになりました。
お薬は一週間分いただき、何かあったらすぐ連絡することになりました。





帰宅してから、しっかり保温するために、プラケースに入ってもらい、パネルヒーターを使用しました。
しかし、帰宅した苺は、素人目に見ても、今夜旅立ってしまってもおかしくない……というくらい苦しそうでした。





誤嚥して、良くなった場合は別ですが、容態が悪化している場合は、触ることも死に直結してしまうため、触ったり、点滴や強制給餌をすることも非常に危険で、お薬を飲ませて見守ることしか出来ないとのことでしたが、それでも、12/2までは頑張ってくれました。









苺姫の彼氏の仁が、苺姫が体調を崩してからは、今まで聞いたことがないような悲痛な叫び声を度々上げていました。
そして、12/6(金)に仙台市のペット斎場さんで個別火葬をしていただくので、最後に苺姫の亡骸を仁に会わせたところ、急に発作を起こしてしまいました……。
仁、苺姫の身に何が起こったのか、ちゃんと理解しているのだな……と思うと、仁にも申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
そして、仁はここまで苺姫のことを好きだったんだな……姫はこんなにも想われていたんだな……とも思いました。








苺姫に、お花もいただきました。






苺姫へのお花~オーコさんより~

苺姫そっくりの真っ白なお花で作って下さった、とっても綺麗なこのアレンジメントは、オーコさんからいただきました。







苺姫へのお花~銀君のママさんより~

苺姫の白と、姫のセリフの色と同じピンクの可愛いこちらのお花は、銀君のママさんからいただきました。





こんなに綺麗で豪華なお花をいただき、苺は大喜びで虹の橋にいる家族や、パパとママに報告したのではないかと思います。
素敵なお花は、姫の棺代わりの箱にも入れさせていただきました。
可愛いお花をいっぱい持って旅立って行けたのではないかと思います。
オーコさん、銀君のママさん、本当にありがとうございます。



棺代わりの箱の中には、ウロコ友達からいただいた御朱印も入れさせていただきました。
御朱印も、本当にありがとうございます。





姫

目がぱっちりと大きくて、パパママ譲りの美貌を持つ苺姫。






大好きな姫

燧、仁とも恋をして、彼氏と順調ながらも、手に乗るのが大好きでいっぱい甘えてくれた苺姫。







大好きだよ

ずっとずっと大好きだよ。
いつか私がそっちに行ったら、また抱っこさせてね。






誤嚥するまでは本当にいつも通りだったので、時間を巻き戻せたらいいのに……と強く思います。
うちで10歳を超えてもらうつもりだったのに……。
元親さんにも、虹の橋にいるパパママにも、そして彼氏の仁にも、本当に申し訳ないです……。









現在の仁は……。



仁

苺姫が体調を崩してからと、永遠の眠りについた苺姫に会わせた時に、尋常ではないくらい悲痛で、ショックを受けていたので、
後を追ってしまわないかとっても心配でしたが、
なんとか元気にしてくれています。






元気にしています

苺姫より半年年下の仁は、苺姫と付き合っていた頃はどうも子供っぽくて、苺姫も大変だなぁと思っていたのですが、
苺姫への恋心と愛は本物でした。






皆様、苺姫のことを可愛がっていただき、本当にありがとうございます。
苺姫は、今後もブログには写真で登場させていただくと思います。
ブログでは、苺姫に会えるようにしたいので……。














涼、また会おうね - 2019.02.27 Wed

こんばんは。
お立ち寄りいただき、ありがとうございます。







2/25、2/26、2/28……と、三兄弟の誕生日が続くので、
末っ子が6歳を迎える日に、3羽の誕生日記事を書かせていただこうと思っていたのですが……。







涼

実は、2月26日(火)に、我が家の副リーダー、涼が8歳6か月の生涯を閉じました。






可愛いよ

年が明けてから体調を崩し、
タイミング悪くいつもお世話になっている病院さんがお休みの日だったので、
以前お世話になった先生がお二人いらっしゃる病院さんで急遽診ていただきました。





大好きだよ

肝臓が悪いのではないかとのことで、肝臓のお薬をいただき、
ごはんも食べられなくなって、一番好きなシードをほんの数粒しか食べなくなり(体調が悪くて、本当に好きな物しか食べたくない状態になり)、
シードがそのまま出て来る未消化の便が出たので、
胃の負担を減らすために、オーチャードグラスやアマランサスなどの小さい粒のシードと、すりこ木で細かくしてあげるための殻を剥いてあるシード、そして、シリンジで飲ませるタイプの栄養のある飲み物をいただきました。
エンシュアリキッドかなと思うのですが、涼は飲むのを嫌がって……嫌がるようならストレスになるとまずいので飲ませないでくださいとのことでした。





8歳で、今年9歳になる高齢なので、ごはんを食べられなくなるくらい体調を崩すことが何回かあるかもしれない、とも言われ、
10歳を越える子も珍しくなくなって来たけれど、やはり年なんだな……と寂しく思いました。






大事な涼

肝臓のお薬を飲んでいるうちに、ごはんも食べられるようになり、寝てばかりいる危険な状態からは抜け出すことが出来ました。









可愛い涼

念のために、後日、いつもの病院でも経過を話して診ていただいたのですが、
また数日後に、今度は今まで見たことがない発作を起こすようになりました。









心臓にも

先生に診ていただくと、心音に異常があり、肝臓が悪いせいで心臓にも負担が掛かっている、
発作もそのためのようでした。
万が一の場合も考えておいた方がいい……というニュアンスのお言葉もいただいてしまい、
どうか持ち直して欲しいと強く願いました。









白内障の目薬はお休み

心臓のお薬も追加していただき……ただ、このお薬は一度飲み始めると一生飲み続けなくてはいけないとのことでした。
白内障の目薬は、お休みの方向に。









通院も苦ではなく

度々通院したお蔭か、元々の発作も起こさず、通院も苦ではなくなっているようでした。
しかし、体調が悪い場合も発作を起こさなくなるので……と先生からお聞きし、安心は出来ない状態なのかなと感じました。









持ち直して来てくれたようでした

でも、心臓のお薬を飲むようになってからは、
一日の中でも、体調が良いかと思ったら急に危険な状態になったり……という、不安定な状態から脱してくれていたので、
持ち直して来てくれているなら嬉しいな……と思っていました。








しかし

しかし、2月26日。
この日は、涼と仁が再診の日だったので、朝5時半頃、おはようと声を掛けに行きました。
すると、涼のケージの床に黒いシルエットが見えて……ギクリとしました。
勇気を出してシルエットを確認すると、残念ながら、涼が旅立った後の姿でした……。








前日はいつもと変わらず

前日も、それこそ本に載っているような体調の悪い時のサインは一つもなく、
医療の素人である自分が気付けるとしたら、後は、いつもと少しでも違う様子がないかという点でしたが、
便の状態や数も問題なく、翼と燧のケージの上にちょっかいを出しに行くのも、水浴びをするのも、いつも通り……。
体重は、いつもより少し多くて、今日はごはんを頑張って食べていてえらいね、なんて言っていたところでした。









安らかな顔でした

お別れになってしまうことに前日に気付けていたら、一晩中そばにいたのに……と、悔しいです。
顔は安らかで、両目を閉じていてまるで眠っているようでした。
体も、もがき苦しんだような感じはなく、座っているだけ、という感じでした。
でも、あまりにも急過ぎるので、もしかしたら、夜中に発作でも起こしてしまったのだろうか……という気もします。
顔は安らかですが、発作の時もそんなにすごい形相になるわけではないので、実は発作を起こしていたのだとしたら……苦しまずに旅立てていたのかどうか、心配です。









特別扱いしてはいけないけれど

涼は、私が動物との暮らしを10年我慢し、鳥との生活を再開した時に、銀に続いて2番目にお迎えした子です。
特別扱いしてはいけないですが、最初にお迎えした銀と、次に家族になってくれた涼は、私の中で特に可愛くて大事で絶対的な存在……。
銀や涼とのお別れの日を、ずっと恐れて来ましたが、ついに涼とのお別れの時が来てしまいました……。










もっと一緒にいたかった

勿論、いつかお別れが来ることは頭ではわかっていますが、
文鳥の寿命が7~8歳と言われていても、10歳を越える子達を知っているので、そのくらい一緒にいられたら……なんて、望んでしまっていました。
涼は若い頃から度々肝臓の治療を受けて来たので、もしかしたら10歳まで生きられないのではないか……とも、前々から薄々思っていました。







涼は頑張ってくれたもんね

それでも、本当に大事で、可愛くて可愛くて仕方ない涼……。
贔屓してはいけないのですが、最後なので許して下さい。
銀と並んで、涼は一番大好きな子でした……。
一番大好きな子だから、いつかお別れが来るとはわかっていても、せめて10歳くらいまで一緒にいて欲しかったです。
でも、人間だって、100歳を越える人もいれば、60代や70代で亡くなる人もいる。
肝臓を度々患っていた涼に、こんなことを願うのは可哀相かな……。
涼は精一杯頑張ってそばにいてくれたものね……。









今まで本当にありがとう

まだ羽毛が生え揃っていなくて、肌がいっぱい見えていた涼を、
元町にある老舗の小鳥屋さんからお迎えした日のことを、今でも昨日のことのように覚えているのに、
涼特有の「ウィッウィッ」という低い声や、涼しげな声からスタートして「チィーヨ!」の部分でシャウトする歌が聴けないなんて、
「あのね、あのね……」と、はにかみながら甘えて話し掛けてくれるような仕草をよくする、
おっとりアイペースな涼にもう会えないなんて、悪い夢だったらどんなに良いか……夢なら早く覚めてくれ……と思います。







涼。
産まれて来てくれて、家族になってくれて、ありがとう。
8年6カ月の生涯、私のそばにずっといてくれて、いっぱいいっぱい癒してくれて、本当にありがとう。
涼から沢山、元気、笑顔、幸せをもらったよ。
若い頃は、本や雑誌にも載せていただいて、貴重な思い出もいただきました。(ありがとうございます!)









大好きだよ

ずっとずっと大好きだよ。







翼の誕生日と、涼の命日が同じ日になってしまいました……。
本当はもっと思い切りお祝いしてあげたかったのですが、
「お誕生日おめでとう」と言っておやつはあげたものの、悲しみが勝ってしまって……。
翼には申し訳ないことをしてしまいました。
翼の誕生日に悲しむのも、涼の命日にお祝いするのも、どちらもふたりに対して申し訳ないですが、
来年は、今年よりもっと、翼の誕生日を心からお祝いすることが出来たら……そして、涼のことも偲ぶことが出来たら……と思います。







オーコさんより

お友達のオーコさんから、涼にお花をいただきました。
このお花、近くにある体重計と比べていただいてもわかるのですが、とっても大きいのです!!
しかも、ブログを始めてからしばらく、涼のセリフを黄色い文字で書かせていただいたこともあって、
家で涼が使う小物も黄色にしており、黄色は私の中で涼のイメージカラーだったので、びっくりしました。
黄色いお花が入った、とっても綺麗でこんなに大きいアレンジメントを、本当にありがとうございます。
涼が大喜びしていると思います。
きっと、嬉しくて虹の橋にお花を持って行きたがると思うので、
火葬の時に棺代わりの箱にも少し入れさせてくださいね。
涼、可愛いお花を持って、ルンルンしながら旅立てると思います。









すごいお花だね

「オーコさん、とっても素敵なお花をこんなにいっぱいありがとうございます!!」









すべすべあんよ

そして、私がずっと涼のチャームポイントだと思っていた部分があるのですが、見て下さい!
アップの写真が多かったので、これは少し前の写真なのですが、
同年代の子のあんよは、ハバキで結構ガサガサして硬そうになって来ているのに、
涼のあんよは、おじいちゃんなのに、ピンクですべすべなんです……!!
もっと、あんよの写真を撮っておけば良かったです……!











そして、涼の歌、途中で終わってしまっていますが、もしよろしかったらお付き合いください。





生前は、紋とのスキャンダルも少しはあったものの、独身を貫いた涼ですが、
虹の橋では彼女かお嫁さんが出来たらいいな、なんて思います。







涼の体はなくなってしまいますが、
このブログでは涼に会えるよう、また登場させて下さいね。





そして、どの写真にするか決まったら、
また近いうちにインターネットペット霊園さんに登録させていただこうと思っています。







皆さん、またね!

「皆さん、またね!」








涼に「またね」のポチッをいただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

banner.png

ありがとうございます!


鈴、ずっとずっと大好きだよ。 - 2018.07.02 Mon

こんにちは。
お立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
iPhoneからの投稿失礼致します。





記事のタイトルでお察しの方もいらっしゃるのではないかと思いますが、
6月28日(木) 19:25頃、シルバー文鳥の鈴が息を引き取りました。
7歳8ヶ月でした。









2010年10月生まれで、誕生日は10月24日にお祝いさせていただいていました。
鈴がいたのは、神奈川県綾瀬市にあるホームセンター内のペットショップさん。
HPで雛2羽の写真を拝見しました。
鈴は写真ではあんよに弥富のシールが付いていました。
電車とバスを乗り継いで会いに行ってみたら、ふたりともすごく可愛くて……。
旦那に猛交渉の末、11月22日、鈴と京のふたりに家族になってもらいました。

家族になったばかりの頃の鈴と京

白っぽい方が鈴です。









生後1ヶ月近い雰囲気で、京はなかなかひとり餌になりませんでしたが、鈴は数日でひとり餌になりました。
銀のお嫁さん候補だったので、鈴という女の子のような名前を付けてしまいましたが、男の子です^^;









鈴は、雛換羽が終わっても、かなりの長期間ほっぺがシルバーのままで子供っぽい外見でした。
なんだか、懐かしいな。









成鳥になってからは、紋と仲良くなりましたが、
紋は発情すると腹壁ヘルニアになったりポリープなどが出来てしまったり、手術や入院などをして彼女の身体に負担が掛かり、いつ命に関わる事態になってしまうかわからないため、可哀相ですが、紋は男の子との同時放鳥はしないことになりました。









そこで、銀と京の娘の絆と鈴を同時放鳥してみたところ、一回目で意気投合。
ふたりはカップルになりました。

鈴と絆








鈴と絆は夫婦になり、一度は産卵と抱卵にも挑戦しましたが、鈴の脚の血色が悪くなり、抱卵疲れの可能性と彼の命の危険を考えて断念。
しかし、残念ながら卵は無精卵のようでした。










白い差し毛がない正統派シルバー文鳥の鈴は、我が家で一二を争うイケメン。
その自覚があったのかなかったのか、女の子は全員口説くプレイボーイぶりでした^^;
一度もしっぽをプルプルしなかったのは、銀一筋の京だけ……。








鈴のソロ写真を探そうとすると、絆と一緒の写真ばかり出て来ます。
シルバー文鳥同士の綺麗な夫婦でした。

20180701180814586.jpeg








しかし、突然、鈴の頭に出来物が出現。
2016年2月25日……妻の絆の誕生日に、骨肉腫であることが発覚しました。
頭蓋骨に腫瘍があり、小さい骨なので削ることが出来ないとのことで、手術は断念。
漢方薬と高圧電位治療で進行をどうにか遅らせる方向の治療になりました。
進行が早い癌のせいで、どんどん頭の腫瘍が成長して行き、当時6歳4ヶ月だった鈴は、もしかしたら7歳になれないかもしれない……と感じました。

骨肉腫が発覚したばかりの頃の鈴






しかし、皆様の応援と、病院の先生と看護士さんに助けていただき、食事をしっかり摂ってくれていた鈴は、頭の患部に水が溜まらなくなり、自分の身体との付き合い方を上手く見付けてくれていたようでした。
色々な種類のペレット以外に、国産無農薬のシードもあげていました。
多分、シードがあるので、シードばかり食べていたと思います。
でも、ペレットが嫌いな鈴なので、「ペレットなら食事しなくてもいいや……」となってしまうのが怖くて……。
シードを食べる楽しみを生き甲斐にしてくれたら……という想いに賭けました。
食べてくれるお蔭で、7歳の誕生日もみんなと一緒に迎えることが出来ました。







鈴、病院では高圧電位治療の時間が終わると怒っていたそうです。
おじいちゃんなので、ぽかぽかする治療は人間のおじいちゃんが温泉好きなのと同じような感じで楽しみだったのかな。
毎週の高圧電位治療を楽しみにしてくれていたのだとしたらとっても嬉しいです。










進行が早い癌なのに、いっぱいご飯を食べて頑張ってくれていた鈴ですが、
今年の6月に入ってから、肝臓の腫れが見付かりました。
レントゲンでは腫れの正体がわからず、超音波で撮影していただきました。
肝臓が大きくなって胃などの臓器をギュッと圧迫していました。
骨が溶けたカルシウムは写っていないので、骨肉腫からの転移ではないようですが、肝臓に腫瘍がある可能性、年齢的に肝臓が弱っている可能性、感染症のせいで肝臓が腫れている可能性が考えられるとのことでした。
ステロイドは職場の人も副作用でかなり大変そうだったので、肝臓薬をいただきました。










一週間後の診察で、肝臓が更に大きくなっているとのことで、肝臓に腫瘍がある可能性が高まりました。
前回、強い副作用を心配して見送らせていただいたステロイドの処方をお願いしました。









シードすらあまり食べられなくなった鈴。
先生のアドバイスで殻を剥いてあるシードや粟穂もあげてみることになりました。
剥いたシードは皮付きのものより栄養価が少ないですが、食べてくれないよりは……!
シードメインになってからは、ネクトンSではなく、免疫力アップのサプリメントのネクトンQをお水に混ぜました。
しかし、それでもあまり食べられない鈴は、先生に相談させていただいて、流動食のエンシュア・リキッドを飲ませることになりました。

エンシュア・リキッド

飲ませる量は、一日に最大5ccまで。
一回に飲ませる量は、シリンジで1ccです。
3~4時間置きに飲んでもらいました。









最初は流動食を1日4回あげていましたが、食べる量が減り、1日5回に。
鈴は割とすぐひとり餌になったので、流動食を飲ませるのは挿し餌をしているような感覚で、鈴との大事な思い出になりました。









しかし、6月28日は、様子が朝から変でした。
もう今日か明日お迎えが来てしまうんだな……ということが、素人目にもわかる状態でした。
運悪く、いつもお世話になっている病院は休みの日。
でも、可能な治療は全部していただいている状態での最期であろう時なので、病院に連れて行ってもきっと打つ手はない、危篤になってから初めての病院に連れて行っても、発作持ちの鈴にただいたずらに初めての病院と先生に会うストレスと移動の負担を掛けてしまうだけだと判断し、保温しながらとにかくそばにいて流動食をあげたりすることに専念しよう……と思いました。





そして、その日はずっと鈴のそばにいて、流動食をあげるために手を洗いに行った間に……鈴は旅立ってしまいました。
ずっとそばにいたのに、一瞬離れた隙に逝ってしまった……。
私は、最期の瞬間、鈴を見送りたかったですが……。
お別れを言いにくかったのかな……。
苦しんでいるところを見られたくなかったのかな……。






有難いことに、鈴にお花もいただきました。

youさんからのお花

youさんから。






kiro's mamaさんから

kiro's mamaさんから。






オーコさんから

オーコさんから。




皆様、鈴のために、とっても綺麗なお花をありがとうございます。
鈴が虹の橋で大喜びしていると思います。
鈴も私も幸せ者です。








7月1日(日)、横浜市の斎場で、鈴の個別火葬をしていただきました。
右が鈴の骨壺です。

名前入れなくては

……早く、骨壺に名前を入れないと、丸の骨壺と並んでいて紛らわしいですね^^;
写真も用意しなければ。








あと4ヶ月で8歳の誕生日だった鈴。
8歳おめでとう、って鈴に言いたかったな……。
骨肉腫だけなら多分、8歳になれていたと思います。
でも、肝臓に腫瘍が出来てからは、本当にあっという間でした……。









HPで初めて見た時のこと、初めて会った日のこと、家に連れて帰った日のこと……。
全部昨日のことのように鮮明に覚えているのに、もう鈴はいないなんて、なんだか実感が湧きません。






鈴。
小さい身体で、本当によく頑張ってくれたね。
虹の橋では、ゆっくり休んでね。

またね

生まれて来てくれて、家族になってくれて、幸せな思い出をいっぱいくれて、今まで本当にありがとう。
ずっとずっと大好きだよ。









鈴もインターネット霊園のヘブンズペットさんに登録させていただきました。
大家族なので、マサキチ!家の鳥達という括りにしようかとも悩みましたが、やはり、1羽ずつお参りしたいなと思いました。
もし、インターネット霊園にいる鈴をお参りしていただけましたら、鈴は大喜びすると思います。

ペットのお墓






鈴

「皆さん、僕のことをいっぱい応援していただいて、ありがとうございました。またね」






虹の橋に旅立った鈴に、「行ってらっしゃい」のポチッをしていただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

banner.png

ありがとうございます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マサキチ!

Author:マサキチ!
文鳥5羽(銀、涼、鈴、京、紋)との生活を親バカ目線で綴らせていただきます♪
銀と京夫婦の間にシルバー文鳥雛3羽(絆、翼、燧)が産まれ、翼か燧のフィアンセとして苺が新しく家族になってくれました。シルバーイノ文鳥の仁、アルビノ文鳥の丸も仲間入りして、更に賑やかに!
時々、ブログ『オカメにキュン! + ワカケにキュン!』の主役であるオカメの風(ふう)、ワカケホンセイインコの瓜(うり)とアオタロー、ホオミドリウロコインコの榎も登場します(#^.^#)

シルバー系の鳥さんが大好き!!
いつか、ライトシルバー文鳥さんとも一緒に暮らせたら良いなぁ……。

ダルマインコ、オオダルマインコ、コミドリコンゴウインコ、モモイロインコ、オキナインコ、九官鳥、ローリーやロリキートにも憧れます。
本命はルリコンゴウインコですが、私の年齢とルリコンゴウの寿命、そして環境的に絶対無理……なので、花鳥園などで癒してもらおうと思います。


子供の頃はセキセイインコ(パステルレインボー女子)とも暮らしていました。


動物さんがお好きな皆様、お友達になっていただけたら嬉しいです(#^.^#)
因みに、鳥の次に好きな動物は馬!!
オルフェーヴルとマカヒキ、大好きです!!





このブログの主役達です
銀
銀(ぎん)
<誕生日>2010年3月24日
<干支>寅年
<お迎え記念日>2010年6月10日
<出身地>静岡県
<カラー>シルバー文鳥
<性別>男の子
<配偶者>京
<結婚記念日>2013年1月5日
<今まで掲載していただいた書籍>
・『コンパニオンバード No,17』(誠文堂新光社様より、2012年6月18日発売)
・『コンパニオンバード N0,20』(誠文堂新光社様より、2013年12月17日発売)
・『小鳥と暮らす』(洋泉社様より、2014年11月25日発売)
・『文鳥式生活のとびら』(誠文堂新光社様より、2015年1月14日発売)
・『オールバード 2015年1月号』(株式会社インターズー様より、2015年1月15日発売)
・『おうち拝見 小鳥のいる暮らし』(誠文堂新光社様より、2015年7月10日発売)
・『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店様より、2015年9月2日発売)
<備考>我が家の鳥チームのリーダー。
本当は文鳥ズにリーダーなんていないのかもしれませんが、先住鳥を立てるために、一番にお迎えした銀をリーダーとしています。
荒っぽい性格で暴れん坊。
しかしながら文鳥ズで一番の頭脳派。
意外に神経質でデリケートな一面も。
京との間には、絆、翼、燧という3羽の子供達が産まれました。
体重24g。
台詞の色は、黄緑色。
台詞上の口調は、「~だぜ」。一人称は「俺」





翼
翼(つばさ)
<誕生日>2013年2月26日
<干支>巳年
<出身地>神奈川県横浜市
<カラー>シルバー文鳥
<性別>男の子
<今まで掲載していただいた書籍>
・『コンパニオンバード N0,20』(誠文堂新光社様より、2013年12月17日発売)
・『文鳥式生活のとびら』(誠文堂新光社様より、2015年1月14日発売)
・『オールバード 2015年1月号』(株式会社インターズー様より、2015年1月15日発売)
・『おうち拝見 小鳥のいる暮らし』(誠文堂新光社様より、2015年7月10日発売)
・『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店様より、2015年9月2日発売)
・『文鳥との暮らし方がわかる本』(日東書院本社様より、2016年9月21日発売)
<備考>銀と京の間に産まれた三兄弟のうちの第二子で、長男。
天国に行った丸のことを好きだったようで、空になってしまったケージの中をずっと気にしていました。両親との関係も良好で、ハートのある男子です。
色は、絆と燧の中間くらいの色合いです。
体重は26g。
名前は、競走馬のアドマイヤツバサから失敬しました。
台詞の色は、緑。
台詞上の口調は、「~なのだぞ」。一人称は「俺」




燧 燧(ひきり)
<誕生日>2013年2月28日
<干支>巳年
<出身地>神奈川県横浜市
<カラー>シルバー文鳥
<性別>男の子
<今まで掲載していただいた書籍>
・『コンパニオンバード N0,20』(誠文堂新光社様より、2013年12月17日発売)
・『小鳥と暮らす』(洋泉社様より、2014年11月25日発売)
・『文鳥式生活のとびら』(誠文堂新光社様より、2015年1月14日発売)
・『オールバード 2015年1月号』(株式会社インターズー様より、2015年1月15日発売)
・『おうち拝見 小鳥のいる暮らし』(誠文堂新光社様より、2015年7月10日発売)
・『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店様より、2015年9月2日発売)
<備考>銀と京の間に産まれた三兄弟のうちの末っ子で、次男。
絆お姉ちゃんが大好きなシスコン。
色は、三兄弟の中で一番濃いです。
涼に次ぐ巨漢でしたが、飛び回るようになったら体重が減って来ました(・_・;)
苺姫と付き合っていましたが、重度のシスコンのせいで、現在はおそらく破局……>_<
体重は、26g。
名前は、競走馬のカネヒキリから失敬しました。
台詞の色は、紫。
台詞上の口調は、「~ッス」。一人称は「俺」









瓜のプロフ 瓜(うり)
<誕生日>2015年3月14日(推定)
<干支>羊年
<お迎え記念日>2015年9月25日
<出身地>アメリカ
<種類>ワカケホンセイインコ(パステルとのことですが、イエローヘッド?)
<性別>女の子
<備考>もう一つのブログ『オカメにキュン! + ワカケにキュン!』のヒロイン。
たまに『文鳥ズにキュン!』にも登場します。
オモチャとイタズラ大好き。
バナナちゃんのぬいぐるみの鳴き笛、オカメの呼び鳴き、オカメの風の色々なパターンの声、窓の外から聴こえる野鳥の声を真似するのが得意。ワカケ〜、と喋っているように聴こえる時があるものの、本当に言っているのかどうかは謎。
今のところ、攻撃性は全くない優しい子ですが、ワカケ女子は凶暴になるらしいので、将来的にどうなるか、ドキドキしております(^◇^;)
台詞の色は、クリーム色。
台詞上の口調は、「~なのです」。一人称は「瓜」




ao16062704プロフ
アオタロー(あおたろー)
<誕生日>2011年5月(日付は不明なので、お迎え記念日の5月31日にお祝いします)
<干支>卯年
<お迎え記念日>2016年5月31日
<出身地>静岡県
<種類>ワカケホンセイインコ(ブルー)
<性別>男の子
<備考>もう一つのブログ『オカメにキュン! + ワカケにキュン!』の主役のひとり。
たまに『文鳥ズにキュン!』にも登場します。
ご縁があって、5歳でうちの子になってくれました。
手乗りではありません。
パワフルでアクティブな瓜と比べて大人しく、まさに静と動!!
瓜のことが気になっている様子。
優しくて、物静かで、ビビリ。
瓜はこれぞワカケという声ですが、アオタローは、大型インコさんを連想させるような、野太い低温の濁声。
前のご家族のお話では、昔は喋っていたものの、他の子が喋るようになったら、やめてしまったとのこと。でも、「アオちゃん」や「アオ」という単語らしきお喋りはしてくれます。
台詞の色は、青紫色。
台詞上の口調は、「~です」。一人称は「僕」




榎
榎(えのき)
<誕生日>2016年3月7日(推定)
<干支>申年
<お迎え記念日>2017年1月13日
<出身地>静岡県
<種類>ホオミドリウロコインコのターコイズ(通称・ブルー)
<性別>女の子
<今まで掲載していただいた書籍>
・『いんこ日和 2018』(山と渓谷社様カレンダー)
・『いんこ日和 2019』(山と渓谷社様カレンダー)
・『いんこ日和 2020』(山と渓谷社様カレンダー)
<備考>もう一つのブログ『オカメにキュン! + ワカケにキュン!』に登場。
たまに『文鳥ズにキュン!』にもゲスト出演します。
ウロコインコらしからぬ、内気で人見知りな性格。人間だったら、クラスで一番おとなしい女の子タイプかもしれません。
お喋りレパートリーは、
「こんにちは」
「おはよう」
「オキちゃん」
「いらっしゃいませ」
「(コチョコチョと言いながらくすぐると、)あはは!」
……でしたが、滅多に言わなくなった「おはよう」と「いらっしゃいませ」をベタ褒めしたら、そればかり言うようになってしまいました(^▽^;)
台詞の色は、緑色。
台詞上の口調は、「~だよ」。一人称は「榎」




桃
桃(もも)
<誕生日>2004年秋頃とのことなので、お迎え記念日を誕生日とします。
<干支>申年
<お迎え記念日>2018年10月27日
<出身地>不明(海外の可能性が濃厚)
<種類>モモイロインコのノーマル
<性別>女の子
<備考>もう一つのブログ『オカメにキュン! + ワカケにキュン!』に登場。
たまに『文鳥ズにキュン!』にもゲスト出演します。
名古屋の鳥さん専門店にて、お迎えさせていただきました。
穏やかな性格で、噛み癖も無し。
「桃ちゃん」と小さい声で喋っていましたが、最近は喋らなくなってしまいました^^;
オジサンが大好き……元飼い主さんは、中年男性だったのかな、と秘かに思っています。
14年間、モモちゃんとして暮らして来たようなので、我が家風に漢字一文字にして「桃」にしました。
台詞の色は、桃色。
台詞上の口調は、「~だよ」。一人称は「桃」









ここからは、虹の橋にいる子達です。
ずっとずっと、大好きだよ……!!
涼
涼(りょう)
<誕生日>2010年8月17日(推定)
<命日> 2019年2月26日
<享年>8歳6ヶ月
<干支>寅年
<お迎え記念日>2010年9月7日
<出身地>おそらく、台湾
<カラー>桜文鳥
<性別>男の子
<今まで掲載していただいた書籍>
・『コンパニオンバード N0,20』(誠文堂新光社様より、2013年12月17日発売)
・『小鳥と暮らす』(洋泉社様より、2014年11月25日発売)
・『文鳥式生活のとびら』(誠文堂新光社様より、2015年1月14日発売)
・『オールバード 2015年1月号』(株式会社インターズー様より、2015年1月15日発売)
・『おうち拝見 小鳥のいる暮らし』(誠文堂新光社様より、2015年7月10日発売)
・『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店様より、2015年9月2日発売)
・『週刊女性 2017年10/10号』(主婦と生活社様より、2017年9月26日発売号)
<備考>我が家の鳥チームの副リーダー。
文鳥ズにリーダーや副リーダーはいないのかもしれませんが、先住鳥を立てるために、一番にお迎えした銀をリーダー、二番目にお迎えした涼を副リーダーとしています。
マイペースなおっとり男子で、ベッタリな甘えん坊。
性格の良さは我が家で一番!!
ブランコを使った前回りを披露したことがあるものの、最近は全くやってくれなくなりました(~_~;)
巨漢。
台詞の色は黄色。
台詞上の口調は、「~だよ」。一人称は「僕」




鈴
鈴(すず)
<誕生日>2010年10月24日(推定)
<命日> 2018年6月28日
<享年>7歳8ヶ月
<干支>寅年
<お迎え記念日>2010年11月22日
<出身地>愛知県(弥富)
<カラー>シルバー文鳥
<性別>男の子
<配偶者>絆
<結婚記念日>2015年1月1日
<今まで掲載していただいた書籍>
・『コンパニオンバード N0,20』(誠文堂新光社様より、2013年12月17日発売)
・『小鳥と暮らす』(洋泉社様より、2014年11月25日発売)
・『文鳥式生活のとびら』(誠文堂新光社様より、2015年1月14日発売)
・『オールバード 2015年1月号』(株式会社インターズー様より、2015年1月15日発売)
・『おうち拝見 小鳥のいる暮らし』(誠文堂新光社様より、2015年7月10日発売)
・『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店様より、2015年9月2日発売)
<備考>銀のお嫁さんにと思ってお迎えしたため、女の子のような名前になってしまいましたが男子です(笑)
女の子大好きのプレイボーイ^^;
文鳥ズの中で、一番撫でさせてくれます。
白い差し毛がない、我が家唯一の正統派シルバー文鳥。
現在は絆の夫ですが、以前は紋と付き合っていました。
体重は26g。
台詞の色は、水色。
台詞上の口調は「~だよ」。一人称は「僕」
2017年2月に進行が早い骨肉腫であることが発覚し、小さい頭蓋骨を削ることが出来ないため手術は出来ず、投薬と高圧電位治療にて闘病。2018年6月に肝臓に腫瘍の疑いが見付かりました。こんなに小さい身体なのに、本当に頑張り屋さんでした。鈴、毎週の通院もお薬も流動食も、本当に本当に頑張ったね。虹の橋ではゆっくり休んでね。ずっとずっと大好きだよ。




京
京(きょう)
<誕生日>2010年10月24日(推定)
<命日> 2020年5月21日
<享年>9歳7ヶ月
<干支>寅年
<お迎え記念日>2010年11月22日
<出身地>静岡県
<カラー>パステルノーマル文鳥(ダークシルバー文鳥)
<性別>女の子
<配偶者>銀
<結婚記念日>2013年1月5日
<今まで掲載していただいた書籍>
・『コンパニオンバード N0,20』(誠文堂新光社様より、2013年12月17日発売)
・『小鳥のキモチ』(学研パブリッシング様より、2014年6月9日発売)
・『小鳥と暮らす』(洋泉社様より、2014年11月25日発売)
・『文鳥式生活のとびら』(誠文堂新光社様より、2015年1月14日発売)
・『オールバード 2015年1月号』(株式会社インターズー様より、2015年1月15日発売)
・『おうち拝見 小鳥のいる暮らし』(誠文堂新光社様より、2015年7月10日発売)
・『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店様より、2015年9月2日発売)
<備考>鈴と同じお店から同時にお迎えし、鈴とは幼馴染でありながら、今では仲が悪いです(~_~;)
おしとやかで控えめな性格
銀のことが兎に角大好きで、ひたすら尽くす、良く出来た嫁です。
体重は27g。
台詞の色は、ピンク。
台詞上の口調は、「~です」。一人称は「京」




紋
紋(もん)
<誕生日>2010年10月24日(推定)
<命日> 2020年11月30日
<享年>10歳1ヶ月
<干支>寅年
<お迎え記念日>2011年4月16日
<出身地>愛知県
<カラー>シナモン文鳥
<性別>女の子
<今まで掲載していただいた書籍>
・『コンパニオンバード N0,20』(誠文堂新光社様より、2013年12月17日発売)
・『小鳥と暮らす』(洋泉社様より、2014年11月25日発売)
・『文鳥式生活のとびら』(誠文堂新光社様より、2015年1月14日発売)
・『オールバード 2015年1月号』(株式会社インターズー様より、2015年1月15日発売)
・『おうち拝見 小鳥のいる暮らし』(誠文堂新光社様より、2015年7月10日発売)
・『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店様より、2015年9月2日発売)
<備考>我が家初の非手乗り文鳥。
手に乗ってくれるようになった時は感動でした!!
男子達を手玉に取る、小悪魔的な性格の持ち主(笑)
文鳥にもいるんですねぇ(笑)
2014年に腹壁ヘルニアの手術を受けた経験があり、特に発情抑制をしなければいけない子です。
ヘルニアになるまでは、鈴の彼女でした。
体重は25g。
台詞の色は、白。
台詞上の口調は、「~よ」、「~だわ」。一人称は「紋」




絆
絆(きずな)
<誕生日>2013年2月25日
<命日> 2019年9月2日
<享年>6歳6ヶ月
<干支>巳年
<出身地>神奈川県横浜市
<カラー>シルバー文鳥
<性別>女の子
<配偶者>鈴
<結婚記念日>2015年1月1日
<今まで掲載していただいた書籍>
・『コンパニオンバード N0,20』(誠文堂新光社様より、2013年12月17日発売)
・『小鳥と暮らす』(洋泉社様より、2014年11月25日発売)
・『文鳥式生活のとびら』(誠文堂新光社様より、2015年1月14日発売)
・『オールバード 2015年1月号』(株式会社インターズー様より、2015年1月15日発売)
・『おうち拝見 小鳥のいる暮らし』(誠文堂新光社様より、2015年7月10日発売)
・『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店様より、2015年9月2日発売)
<備考>銀と京の間に産まれた三兄弟のうちの第一子で、長女。
母親に似ておしとやかで控えめな性格……と見せ掛けて、結構自由な性格(笑)
何故か、男の子達がみんな絆には優しい(・_・;)
鈴と恋仲になるまでは、実はブラコンでした^^;
好みのタイプは、シルバー文鳥男子。
三兄弟の中で一番薄い色をしています。
鈴の妻。
体重は26g。
名前は、競走馬のキズナから失敬しました。
台詞の色は、オレンジ。
台詞上の口調は、「~だよ」。一人称は、「絆」




苺プロフ 苺(いちご)
<誕生日>2013年5月30日
<命日> 2019年12月2日
<享年>6歳6ヶ月
<干支>巳年
<お迎え記念日>2013年8月7日
<出身地>埼玉県
<カラー>シナモンパイド文鳥
<性別>女の子
<今まで掲載していただいた書籍>
・『コンパニオンバード N0,20』(誠文堂新光社様より、2013年12月17日発売)
・『小鳥と暮らす』(洋泉社様より、2014年11月25日発売)
・『文鳥式生活のとびら』(誠文堂新光社様より、2015年1月14日発売)
・『オールバード 2015年1月号』(株式会社インターズー様より、2015年1月15日発売)
・『おうち拝見 小鳥のいる暮らし』(誠文堂新光社様より、2015年7月10日発売)
・『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店様より、2015年9月2日発売)
・『文鳥との暮らし方がわかる本』(日東書院本社様より、2016年9月21日発売)
・『サライ』Web版(小学館様より、2017年9月20日掲載)
<備考>楓さんのおうちの、萌木君(シナモンパイド文鳥)&陽菜ちゃん(クリーム文鳥)の間に産まれ、我が家にお嫁に来てくれました。
清楚可憐なルックスに似合わず、好奇心旺盛な、お転婆突撃姫(笑)
体重は31g。
名前は、元親様のご友人が付けて下さった大事な幼名を、そのまま使わせていただくことにしました。
好みのタイプは、体格の大きい男子!?
燧と付き合っていましたが、燧のシスコンのせいで、現在は恐らくフリー。仁から求愛される日々です。
台詞の色は、淡いピンク。
台詞上の口調は、「~でしゅの」、「~でしゅのよ」。一人称は「苺」




仁プロフ 仁(じん)
<誕生日>2013年11月下旬(11月30日にお祝いします)
<命日> 2021年1月2日
<享年>7歳1ヶ月
<干支>巳年
<お迎え記念日>2014年4月18日
<出身地>静岡県
<カラー>シルバーイノ文鳥
<性別>男の子
<今まで掲載していただいた書籍>
・『小鳥と暮らす』(洋泉社様より、2014年11月25日発売)
・『文鳥式生活のとびら』(誠文堂新光社様より、2015年1月14日発売)
・『オールバード 2015年1月号』(株式会社インターズー様より、2015年1月15日発売)
・『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店様より、2015年9月2日発売)
・『文鳥との暮らし方がわかる本』(日東書院本社様より、2016年9月21日発売)
<備考>紋に続いて、我が家で2羽目の非手乗り文鳥。
生後5か月でお迎えしたので、銀作曲ではない歌を歌う初めての男の子です!
声は、電子音チック。
手乗りではないものの、人間に興味津々。手にも乗ってくれます。
甲状腺の治療を終え、噛み合わせの悪さのせいで伸びる下嘴は、伸びる度にカットし、それは一生続きました。肝臓には問題ありませんでした。
体重は26g。
名前は、旦那が「自分達に男の子が生まれたら付けたい」と思っていた名前だそうで、いつの間にか決められていました(笑)
色白で赤目の女の子が好み。初めての彼女は苺姫。苺姫と死別した後は紋とパートナーになり、紋の手術入院に付き添い入院をしたり、紋を支えてくれました。紋の死後、1カ月で、後を追うように……。
台詞の色は、グレー。
台詞上の口調は、「~であります」。一人称は「自分」




丸プロフ 丸(まる)
<誕生日>2014年10月24日(推定)
<命日>2015年3月11日
<享年>4ヶ月
<干支>午年
<お迎え記念日>2014年12月29日
<出身地>兵庫県
<カラー>アルビノ文鳥
<性別>不明ですが、グゼっているところを見たことがなかったので、女の子かなと思っています。
<今まで掲載していただいた書籍>
・『おうち拝見 小鳥のいる暮らし』(誠文堂新光社様より、2015年7月10日発売)
・『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店様より、2015年9月2日発売)
<備考>生後2カ月ちょっとでのお迎えですが、初めて見るブランコにも躊躇なく乗り、1日の大半をブランコの上で過ごしていました。
放鳥中は手や肩から離れるのを嫌がる、怖がりで甘えん坊の子でした。繊細な子だったかもしれません。
甘え方や性格も純粋で子供っぽく、幼児体型だったので、実際の月齢よりもずっと赤ちゃんっぽく、幼く見えました。
怒っているところを見たことがありません。
純粋で控えめな甘え方が、気が強い子が多い文鳥っぽくなく、儚げで可愛い天使のような子でした。
お迎えしてから、腸炎の疑いで通院を続けていましたが、体調を崩し、急逝。
うちの子をこんなに早く亡くしたことは今までなかったので、かなり動揺しています。
丸ちゃん、絶対に幸せにするつもりで家族になってもらったのに、まだまだこれから恋や楽しいことがいっぱいあったはずなのに、守れなくてごめんね。ずっとずっと大好きだよ。
兄弟は、同じくアルビノ文鳥の紅丸ちゃん。
体重は23g。
十姉妹を思わせるほど小柄で華奢なので、名前はちびまるこちゃんから失敬しました。
華奢なので、もうちょっと太って欲しいなという気持ちも実は込められていました。
台詞の色は、赤。
台詞上の口調は、「~だよ」。一人称は「丸」
<インターネットペット霊園さん>
こちらに登録させていただきました。
寂しがり屋で甘えん坊な丸ですので、お時間がおありの時、気が向かれた時に、お参りしていただけたら嬉しいです。





風
風(ふう)
<誕生日>2011年10月7日
<命日> 2019年6月30日
<享年>7歳8ヶ月
<干支>卯年
<お迎え記念日>2012年5月23日
<出身地>神奈川県
<種類>オカメインコ(PFDSSFレセッシヴシルバー)
<性別>男の子
<今まで掲載していただいた書籍>
・『うちのインコ  インコあるあるフォトエッセイ』(誠文堂新光社様より、2013年3月22日発売)
・『コンパニオンバード N0,20』(誠文堂新光社様より、2013年12月17日発売)
・『小鳥と暮らす』(洋泉社様より、2014年11月25日発売)
・『オールバード 2015年1月号』(株式会社インターズー様より、2015年1月15日発売)
・『インコ式生活のとびら』(誠文堂新光社様より、2015年3月日発売)
・『おうち拝見 小鳥のいる暮らし』(誠文堂新光社様より、2015年7月10日発売)
・『コンパニオンバード NO,25』(誠文堂新光社様より、2016年6月9日発売)
・『いんこ日和 2017』(山と渓谷社様カレンダー)
<備考>もう一つのブログ『オカメにキュン! + ワカケにキュン!』の主役のひとり。
たまに『文鳥ズにキュン!』にも登場します。
胆が据わっていて、明るく、能天気(笑)
競馬のファンファーレも自己流にアレンジして歌っています(笑)
文鳥だらけでオカメが自分しかいないせいか、オカメのぬいぐるみちゃんが大好き!!
病院でしか売っていないダイエット用ペレット『フォーミュラーAR』でダイエット中です(>_<)
台詞の色は、青。
台詞上の口調は、「~だよ」。一人称は「僕」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
文鳥ズご紹介 (10)
文鳥ズの恋愛事情? (91)
IT´S 入浴タイム!! (52)
めざせ、いい男!! (29)
お部屋の冒険 (19)
文鳥ズのお出掛け (11)
文鳥ズのイベント (98)
文鳥ズの日常 (252)
動画 (43)
ご連絡 (2)
おちり♪ (15)
究極の背伸び (2)
親バカグッズ (2)
バトル!! (2)
迷子情報 (7)
女子会 (12)
ひとりごと!? (3)
通院メモ (97)
健康のために (2)
事件 (3)
風 (1)
コラボ(!?) (7)
変顔 (2)
ご報告 (1)
オルフェが好きだ!! (2)
おともだち(●^o^●) (11)
緊急のお願い (3)
男子組の集い!? (3)
可愛いグッズ紹介 (2)
換羽中……頑張れ!! (5)
イラスト (2)
お知らせ♪ (5)
新しい命 (2)
お食事中の方、ごめんなさい(@_@;) (1)
銀&京夫婦 (43)
銀&京ベイビー (55)
競走馬 (5)
シルバー文鳥ズにキュン! (17)
換羽~(>_<) (2)
苺 (79)
涼 (47)
紋 (56)
絆 (6)
銀 (31)
翼 (44)
キャンペーン!? (3)
燧 (18)
鈴 (14)
オフ会 (5)
京 (17)
ご挨拶 (3)
彼女いない組 (7)
鈴と絆 (1)
シナモン文鳥ズにキュン! (2)
仁 (52)
すずきさんカップル (28)
燧&苺姫 (9)
文鳥ズのブーム? (1)
文鳥ズのグルメ!? (1)
丸 (20)
文鳥ブログですが (2)
アダルトチーム (2)
若者チーム (1)
書籍のご紹介 (9)
これって、昼ドラ!? (2)
出番を無理矢理作るっ!! (1)
鈴の闘病 (3)
文鳥ズの近況報告 (1)
しばしのお別れ (5)
ケージのレイアウト (0)

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート

無料アクセス解析

無料アクセス解析

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

いつも読ませていただいています♪

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR